大阪京橋ひかり整体院
電話番号 0120-852-651
HOME > 自律神経失調症
head_img head_img

1回15分の整体で
なぜ、こんなにも症状が
根本改善されるのか?

1回15分の整体で
なぜ、こんなにも症状が

根本改善されるのか?


このような症状
お悩みではありませんか?

そのお悩み私に任せてください




seitai

薬では症状を抑えるだけで根本的な解決には繋がっていません。それは本当の原因が患部以外にあることが多いからです。

自律神経からの症状は、体液の循環不良が原因でほとんどの症状が出ています。

当院では身体の深い部分の流れにアプローチする事で、体液の循環をうながして症状を改善し、自律神経のバランスが乱れた状態を改善させていきます。

そして「施術x予防策xセルフケア」で根本改善を行います。



医療関係者や専門家からの推薦の声



お客様の喜びの声が
信頼の証です!

お客様の喜びの声が

信頼の証です!



自律神経失調症が楽になりました

20代 事務職 M様 身体のだるさ、疲れ、ストレス

友人から紹介され、全体的な身体のだるさ、疲れ、ストレスが続いていましたので、来院しました。整体を受けると、身体全体が軽くなる感じがあり、とても楽になりました。お部屋の雰囲気もリラックスできてすっきりしました。

初めての整体でしたが、自分でも自覚の無かったコリや張っているところを的確に見つけ出して症状を楽にしてもらえるのでとてもオススメです。

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。



自律神経失調症

大阪市 事務職 R.T様

Q1.来られるきっかけになった症状やつらさは何ですか?

不眠・不安・動悸がする

Q2.当院の整体を体験されたご感想をお聞かせ下さい

初回では、頭が軽くなり、リラックスした気分になれました。通院を重ねて体調も回復し、不安になったり動機も無くなりました。

Q3.これから来院される方へのメッセージをお願いします。

不眠や動機など不調を感じたらすぐに来院される事をオススメします。親身で優しい先生ですヨ。

Q4.何がきっかけで当院を知りましたか?

インターネット・エキテン

Q5.来院の決め手になったことはなんでしょうか?

自律神経失調症が改善されたとの書き込みがホームページにあったので。

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。




自律神経失調症

大阪市 SE H.Y様

Q1.来られるきっかけになった症状やつらさは何ですか?

自律神経失調症(仕事中に急に胸がドキドキする、足が浮いたような感覚になるetc)

Q2.当院の整体を体験されたご感想をお聞かせ下さい

少しずつ発症時のつらさ度合いが小さくなってきた。少しずつ改善されてきた。

Q3.これから来院される方へのメッセージをお願いします。

とても親身になって話を聞いてもらえるので、安心感があります。

Q4.何がきっかけで当院を知りましたか?

インターネット

Q5.来院の決め手になったことはなんでしょうか?

インターネット上での評判

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。




自律神経失調症

大阪市 パート M様

Q1.来られるきっかけになった症状やつらさは何ですか?

めまい・頭おもい感じ・肩こり

Q2.当院の整体を体験されたご感想をお聞かせ下さい

体は徐々に楽になってきた。普通のマッサージのようなこりをその時ほぐすというより、自分の体で治っていくのを助けてもらって日々治っていく感じ

Q3.これから来院される方へのメッセージをお願いします。

最初は治るのか?続けて大丈夫?と思いなやみましたが、続けていくうちに姿勢もよくなり自分で日々治っていくのが分かりますので、続けてみては

Q4.何がきっかけで当院を知りましたか?

インターネット(自律神経)検索

Q5.来院の決め手になったことはなんでしょうか?

自律神経改善できる事

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。



ホームページ限定割引

ネットでの予約はこちら



なぜ、めまい、頭痛、不眠など、
自律神経の乱れによる症状が
根本改善されるのか?

アイコン 病院に行ってもよくならない自律神経失調症が、なぜ、当院の整体で改善していくのか?

ゆがみ不眠、めまい、頭痛、慢性疲労など、自律神経の不調の原因は、交感神経と副交感神経のバランスの乱れからきています。

このバランスの乱れとは、交感神経または副交感神経が働きすぎ、自律神経のON・OFFの切替えが正常に働かない状態です。

当院では、この自律神経のバランスが乱れる根本的な原因は、


過剰なストレス x ゆがみ x 生活習慣の乱れ


この3つの原因が長期間複合的に絡み合って、身体の症状を悪化させていると考えております。

長期間自律神経の不調が続くことで、自分で止めようにも止められない状態になってしまいます。

具体的には、下記に一つでも該当する方は、注意が必要です。


  • 仕事から帰るとグッタリして何もする気が起きない
  • 常に肩に力が入ってしまう
  • 歯の食いしばりや歯ぎしりがある
  • 夜、スグに目が覚めてしまう
  • ついつい何でも自分で抱え込んでしまう

  • この自律神経のバランスが乱れた状態を、当院では弱い刺激の無痛整体によって身体をゆるめ、身体を正常な状態に戻すことで、自律神経の不調を改善させていきます。

    当院の整体は身体に大きな負担をかけませんので、痛いのが怖い方や、子供からお年寄りまで安心して整体を受けて頂けます。


    アイコン 心療内科や一般的な整体に行っても自律神経が整わない理由とは?

    ゆがみ薬や一般的な整体でゆがみを矯正するだけでは、過剰なストレスによる過緊張をゆるめる事ができないからです。

    過剰なストレス→過緊張→疲労がたまる→身体がゆがむ→身体の不調が起こる

    この順番で身体が不調になっていきます。

    そのため自律神経の不調に対しては、身体のゆがみは過緊張が続き疲労が溜まることで結果的にゆがみが出るのであって、根本的な原因では無いと考えております。


    自律神経失調症

    悩み 

    【自律神経失調症とは?】

    「身体がだるい」「めまいがする」「食欲がない」「動機がする」などの辛い症状で病院にかかったとき、精密検査をうけてもなにも異常がない事があります。

    病名がつかない辛い身体の不調は、「不定愁訴」と呼ばれます。「客観的に判断してどこも悪くないけど、患者さんは悩みを訴えている」という状況のことです。自覚症状があるのに病名がつかないと症状に対する改善はできません。気休めのビタミン剤などを処方されて、ぐったりと疲れて帰路に着くことになります。

    「せっかく仕事を休んで病院に駆け込んだのに・・・」

    「私が辛いと思っていたのは気のせいだったということなの?」

    と、絶望感を覚えてしまう人も多いのではないでしょうか。身体の不調を訴えても「問題なし」と判断が下った人は、実は「自律神経失調症」であることが多いのです。


    ■自律神経は「交感神経」と「副交感神経」のこと

    人間が行う事のうち、話したり食べることは意識して行っています。それに対して胃や腸、心臓をはじめとした内臓の働きや、汗をかくことなどは自分でコントロールをすることはできません。自律神経はこのような「無意識下での身体の働き」をコントロールする神経。リラックスしているときに働く「副交感神経」と活動をしている時に働く「交感神経」の二つからなりたっています。

    私たちの身体はとても優秀で、「頑張るべきとき」=「交感神経が活動するとき」と、「リラックスするべきとき」=「副交感神経が活動するとき」は自然と切り替わるリズムができあがっています。

    でも、例えば転職をしたばかりで慣れない環境に身を置き、気持ちが休まる暇がない場合や、考えることが多かったり思い悩んだり、ストレスが長く続く環境が長期間になると、私たちの体の疲労はピークに達します。この状態で 、疲れた体を休めるために早めにベッドに入っても、ひどい動機に襲われて眠れなくなってしまう・・・なんてことが起こってしまいます。これは昼間「交感神経」が強く働きすぎてしまうために、帰宅したあとも収まらないことが原因です。 オン・オフの切り替えができないため、身体にはどんどん疲労が蓄積されていってしまいます。

    どうしてもがんばらなければならず、交感神経が強く働く期間があるのは仕方ありませんが、現代人は、この交感神経が強く働く期間が長くなりがちで、特にまじめでがんばり屋な人や、神経が細やかな人にその傾向が強いように思われます。


    ■どんな症状か?

    「自律神経失調症」とは、「副交感神経」と「交感神経」の働きのバランスが乱れたときに起こる身体の不調を言います。

    「自律神経失調症」になってしまうと、身体的な不調や心理的な不調が起こります。そしてときには、心身の不調がダブルで押し寄せることさえあります。そうなってしまうと、仕事や家事が満足に取り組めなくなります。毎日の生活さえ満足に送れず、さらなるストレスを溜め込んでしまう悪循環に陥ってしまいます。

    具体的な「自律神経失調症」の症状としては、「不眠」もしくは「過眠」、「辛いからだのこり」「めまい」「イライラ」「集中力がなくなる」「ふさぎこみやすくなる」「身体が重い」などがあげられます。

    症状からうつ病や仮面うつ病にも間違われやすいので、心療内科などで薬を処方されることもあります。でも実際はうつ病ではありませんから、薬は効きません。そしてときには辛い副作用が起こることもあり、さらなる身体の不調を招いてしまいます。


    ■自律神経失調症4タイプ

    「自律神経失調症」には症状から4つのタイプに分かれています。

    「本態性自律神経失調症」「神経症型自律神経失調症」「心身症型自律神経失調症」そして「抑うつ型自律神経失調症」です。 発症しないための心がけなども含めてみていきましょう。

    ・本態性自律神経失調症

    生まれつき自律神経が過敏なため発症するのが「本態性自律神経失調症」です。この症状の人は、先天的にふたつの自律神経の切り替えがうまくいきません。そのため小さなころから体調を崩してしまいがちです。

    「自律神経失調症」の症状が出ている人の中でも、その割合は低いといわれています。さまざまな症状に合わせて、ストレスを和らげていくことが大切になっていきます。


    ・神経症型自律神経失調症

    もともと神経が細やかな人が陥りやすいのがこの「神経症型自律神経失調症」。身体的な症状と精神的な症状を同時に発症するのが特徴的です。耳鳴りや苛立ち、めまいなどの諸症状は、さらなるストレスとして身体を襲い、強い苦痛を伴います。

    もともとこだわりが強かったり、「気にしい」な人が陥りやすいといわれていますから、どんなときでも気持ちをゆったりと構えるよう心がけることが重要です。


    ・心身症型自律神経失調症

    職場や家庭などでの人間関係がストレスとなり起こる身体的な不調のことを「心身症型自律神経失調症」と言います。めまいや肩こり、頭痛などを訴えていらっしゃる方が多く見受けられます。

    最近は子供の学校や習い事の場で起こる「ママ友トラブル」なども増加傾向にあります。子供を介した付き合いの中では、自分の意見を押し通すことは難しいもの。我慢に我慢を重ねた結果、自律神経のバランスが崩れてしまうのです。ストレスを自覚し、少しずつ自分らしさを取り戻していくことが大切になっていきます。


    ・抑うつ型自律神経失調症

    ストレスを溜め込みやすい生真面目な人が陥りやすいのがこの「抑うつ型自律神経失調症」。はじめは身体的な不調か現れていたものの、あとで精神的な不調が強く現れることがあります。不安感や落ち込み、気力の低下などが特徴で、引越しや子供の独立などの環境の変化で発症しやすいといわれています。自分を追い詰めずにリラックスをすることを心がけることが大切です。

    自律神経失調症を改善するには?

    当院では自律神経失調症を改善するには、ストレスによる過緊張と、体液の循環不良が関係しており、この2つを正しい状態に戻す必要があると考えております。


    1,ストレスによる過緊張

    ゆがみ ストレスによる過緊張の状態が続くことで交感神経を刺激し、慢性的に交感神経優位の状態が続くことで副交感神経が働きにくく、自然治癒力が働きにくい身体になるとこで、種々の不調となって現れてしまいます。




    2,体液の循環不良

    頭蓋骨 ストレスが溜まり、頭蓋骨が硬化し動きが鈍くなると体液の流れが悪くなります。

    体液は全身の神経伝達に影響を与えますので自律神経の機能が低下して、様々な症状となって出てきます。







    なぜ、当院の整体で自律神経の乱れが改善されるのか?

    ポイント自律神経が乱れる原因である

  • ストレスによる過緊張
  • 体液の循環不要
  • さらには不調の根本的な原因である

    ストレスと生活習慣の乱れ

    を改善するために、当院では次の5つのポイントで、自律神経の不調によるつらい症状を根本から改善していきます。


    京橋で唯一、自律神経改善専門の整体院です

    1,頭蓋仙骨療法

    当院では、「頭蓋仙骨療法 x 美手【Vitsyu】ヴィッシュ」の合わせ技で頭部の23個の頭蓋骨を調整しながらエネルギーを注入し、頭蓋骨の動きを正常に戻し体液の循環を整えていきます。

    美手【Vitsyu】ヴィッシュは、大阪では数件しかできない独自の方法です。非常にソフトな手技ですので、心地よく受けて頂けます。施術中寝てしまう人が多いのがこの施術の特徴です。


    2,過緊張をゆるめ、自然治癒力のUPを図る

    本来人間の身体には自然治癒力があり、自分で自分の身体を整えることができます。現代人は、過度なストレスにより過緊張の状態が長期間続くことで、慢性的に筋肉が緊張しています。

    当院ではこの過緊張をゆるめ、自然治癒力が正しく働く状態に改善し、自律神経を整えていきます。



    当院の技術が雑誌にも掲載!

    当院では施術の仕上げに、エネルギー療法 美手【Vitsyu】ヴィッシュで良質のエネルギーを注入します。

    この美手【Vitsyu】ヴィッシュは、女性セブンにも記事が掲載されました。

    これは深くガンコな痛みを取る最高のテクニックで、重度の痛みやコリ、ストレス疾患、内臓疾患をはじめ、これまで手を焼いていた難治性の疾患まで幅広く対応できます。大阪ではほんの一部の整体院でしか行っていない、独自の施術方法です。

    美手【Vitsyu】ヴィッシュは、他の整体院や整骨院では改善しない症状にも効果が期待できます。


    ポイント3 痛くない!気持ちいい整体です!

    施術写真1 たった、一回で変化を感じられる、ボキボキしない痛くない整体です。

    当院では弱い刺激の無痛整体によって身体をゆるめ、身体を正常な状態に戻すことで、自律神経の不調を改善させていきます。

    当院の整体は身体に大きな負担をかけませんので、痛いのが怖い方や、子供からお年寄りまで安心して整体を受けて頂けます。

    「整体って怖い」というイメージのある方にもオススメできる整体です。


    生活習慣を改善するためのアドバイスを行います!

    「なぜつらい症状が出るのでしょうか?」

    特に慢性でつらい症状が続く場合や、一旦治ってもまた再発してしまう場合は、根本的な原因として生活習慣の問題が考えられます。

    食事の量や質の問題、運動不足、ストレス過多、寝具が身体に合わない、姿勢のゆがみなど、痛みの原因になりそうな点は多々あります。自分では気をつけているつもりでも、実際には生活習慣に問題のある方はたくさんいらっしゃいます。

    しかも、本人は思いもしなかった事が原因になっている事もあります。

    当院では、施術によるつらい症状の改善だけでは無く、まずご自身の生活習慣上の問題点を「気づいて頂く」ことが重要だと考えております。そして、改善方法についてアドバイスを行い、痛みが無く、再発の不安も無い安心して生活が出来る状態を目指して行きます。


    ポイント5 整体が初めての方にも安心して施術を受けて頂けます!

    プロフィール写真 整体が始めての方でも分かりやすい丁寧な説明と、痛くない、不安にならない施術を心がけています。

    体に症状があるということは、体が悲鳴をあげている状態です。ですが、その原因については気が付かないことがよくあります。そんな、現状の身体の状態をお伝えし、日常生活の問題点について解決のヒントをお知らせしています。


    整体メニュー・料金


  • マッサージや整骨院に行ったけどあまり改善しなかった。
  • 病院では原因が分からないと言われた。
  • 薬や手術をしなくて何とか身体を良くしたい。

  • このように、2?3カ所行っても改善しない方や、原因が分からずに困っている方が多数来院される整体院です。

    当院の施術方針としまして、適切な施術回数と頻度はお伝えさせて頂いておりますが、予約の強要はしておりませんので安心してご来院ください。



    全身バランス整体

    1回 5,500円(税込み)

    カードご利用可能です(VISA、MASTER、AMEX、JCB)

    自律神経の調整と、身体のバランスを整え姿勢を矯正することで、根本的に身体の状態を整え、免疫力の働きやすい身体に改善していきます。

    1回の所要時間は約20分です。
    (初回の時は、カウンセリング検査等がありますので所要時間は約40〜50分です。症状により多少前後する事がありますので、ご了承ください)


    初回の方には、初見料として2,200円(税込み)がかかります。初回はカウンセリング等を含めて約1時間必要です。

    arrow

    ホームページ限定割引

    ネットでの予約はこちら


    大阪京橋ひかり整体院のアクセス情報

    地図

    JR大阪環状線京橋駅「北出口」から徒歩4分 国道1号線沿い

    院名 大阪京橋ひかり整体院
    代表者名 大崎 貴雄
    住所 〒534-0024
    大阪市都島区東野田町3-13-13 日健京橋ビル402号室
    電話番号 0120-852-651


    ご予約・お問い合わせは今スグこちらから!

    電話番号 0120-852-651
    深夜・早朝にページをご覧になっている方は、こちらのフォームからご予約お願いします!(24時間受付中!) →フォームから予約をする

    関連記事


    お問い合わせボタン


    ページトップに戻る